素材やパイルの種類・特徴と比較

素材やパイルの種類と特徴
素材や種類を比較してベストな1枚を見つける
使い心地を左右するのはテクスチャーと素材。すまいに合ったものを選んでください!

ラグやカーペットの素材

カーペットやラグ選びに失敗しないためには、素材の特徴を知ることが大切です。天然繊維(ウール・コットン)や合成繊維(アクリル・ナイロン・ポリプロピレン・ポリエステルなど)には、それぞれメリットとデメリットがあります。

素材のメリットを知ることで、カーペットを敷く場所に合った素材を選ぶことも、肌触りの良さやお手入れのしやすさから選ぶことができます。

さらにデメリットを知ることでお手入れの注意点や、防ダニ加工や制電加工など必要な機能性を施したカーペットを選ぶこともできます。

ウール

ウール素材

ウールの一番の魅力はオールシーズン快適にお使いいただけることです。繊維の中にたくさんの空気を含んでいるので熱伝導率が低く、冬はフローリングの冷たさを断熱する効果があります。湿度をコントロールする特性があり梅雨時もベタベタしません

一年中快適にお使いいただけるウールは、季節によって敷物を交換する必要がないため、オーダーカーペットのようにお部屋に敷きつめる敷物の素材に適しています。

水溶性の汚れがしみ込みにくく、静電気が発生しにくいのでホコリを寄せ付けません。弾力性がありへたりにくく、タバコの火を落としても燃え広がりにくいメリットも。

デメリットとしては遊び毛が出やすいので、こまめに掃除機をかける必要があります。害虫の被害を受けやすいため、防ダニ加工が施されていれば安心です。
高級ウールになると値段の高さがネックになりますが、品質の良いものは永く快適にお使いいただけます。

アクリル(ファー調)

アクリル(ファー調)

発色が良く色あせしにくいため、ポップな色や凝ったデザインのラグやマットに適した素材です。毛足が長くシルクに似た光沢があるものは、ファーラグのようなゴージャスな雰囲気があります。

肌触りは柔らかく滑らかでウールのような風合いですが、害虫の被害を受けない点はウールより優れています。摩擦にも強く、静電気が発生しにくいのでホコリを寄せ付けません。
水溶性の汚れがしみ込みにくく、乾きやすいためウォッシャブル対応のラグとしてもメリットがあります。

デメリットとしては遊び毛が出やすいので、こまめに掃除機をかける必要があります。合成繊維の中では値段が比較的高い素材です。

ナイロン

ナイロン

業務用として往来の激しいオフィスや病院・ホテルなどでも使用されるほど、耐摩擦性や耐久性に優れています。

この擦り切れに対する強さと、油・薬品・カビ・害虫の被害を受けにくいメリットを活かして、一般家庭用としてはタイルカーペットやラグ・オーダーカーペットとして多用されています。
家族が集うリビングルームに敷きつめたり、廊下などの動線になる場所に適した素材です。

BCFナイロンは特に耐久性が高く、汚れが落ちやすい特性に加え、遊び毛が出にくく毛玉もできにくいため、小さなお子様のいらっしゃるご家庭や子供部屋にも最適です。

デメリットとしては静電気が帯びやすいため、制電加工が施されていると安心です。ポリプロピレンやポリエステルと比較すると値段が高い素材です。

コットン

コットン

肌をチクチク刺激することがない優しい肌触りの素材です。特に夏は素足でラグの上を歩いても、サラリとした肌触りが快適です。

コットン100%のラグやマットは薄手でボリュームを抑えたデザインが多く、夏でも暑苦しく見えないためオールシーズンお使いいただけます

同じ天然素材のウールと比較すると値段が安く、ウールのように遊び毛がでないので、ご購入後すぐに快適にご使用いただけるメリットもあります。

デメリットとしては、水溶性の汚れがしみ込みやすいため、撥水加工が施されている製品や、汚れが目立たない色や柄がおすすめです。
薄手でボリュームを抑えた敷物は、防音効果を期待できません。また、コットン素材のカーペットやラグは種類が少ないため、選択肢の幅が狭くなります。

ポリプロピレン

ポリプロピレン

安い素材なのでお手頃価格の敷物に使用されています。耐摩擦性に優れていて、薬品・カビ・害虫の被害を受けにくいため、タイルカーペットやラグ・カーペットとして多用されています。

撥水性が高いため水溶性の汚れが付きにくく、軽く遊び毛が出ないお手入れのしやすい素材です。素材の軽さはタイルカーペットやオーダーカーペットの施工のしやすさや、天日に干す時などのメンテナンスのしやすさにつながります。

日光による色あせが少なく、静電気が帯びにくく毛玉ができにくいため、永くお使いいただけるメリットもあります。

デメリットとしては肌触りが硬いことです。熱に弱く高温のアイロンを置いてしまうと、アイロンの跡がついてしまうことがあるので注意が必要です。

ポリエステル

ポリエステル

合成繊維の中では最も熱に強く、薬品・カビ・害虫の被害を受けにくいため、衣類の素材としても多く使われています。

フリースウェアの大半がポリエステルを使用していることからも分かるように、軽くて肌触りが良く、保温性に優れた繊維です。ナイロンに次いで耐摩擦性に優れているため敷物の素材としても適しています。

吸湿性が少なく耐水性に優れ、水による収縮が起きないため型くずれせず、乾きが速いのでウォッシャブル対応のラグやタイルカーペットに適しています。他の繊維と組み合わせて使われることも多く、天然繊維(ウール・麻・コットン)に似たポリエステルも開発されています。

デメリットとして遊び毛が出やすいことが挙げられますが、長繊維を使用してあれば遊び毛や毛玉の発生は非常に少なくなります。

ジュート麻

ジュート麻

リネンやヘンプに似た高級な繊維で、植物の茎から作られます。

特別なコシと安定性があるため、特にざっくりとした繊維質の、丈夫でしっかりとした糸や織物を作るのに適しています。ココヤシやサイザル麻に比べてやわらかく、素足での歩行もとても気持ちがいいです。

当サイトのジュート麻カーペットには、特別な染色をほどこした濃淡の色合いを醸す三双糸を用いていますので、表情に一層の深みを有しています。

夏はさわやかな感触で、高温多湿の日本の気候風土に適しています。また、冬は保温性に富み、暖かく、四季の変化に富む私たちの暮しの中で、一年を通してご使用いただけます。

麻 – ヘンプ

麻 - ヘンプ

麻は、吸水・発散性に優れているため、水分をすばやく吸い取り、かつ発散させます。

さらに防カビ性に優れ、雑菌の繁殖を抑制するため、臭いも抑え、また静電気を起こさないため汚れがつきにくくて、落ちやすいタフで衛生的な素材です。

また、サラッとして、爽やかな涼感があるのが大きな特性ですが、繊維の中に空気が含まれていて、天然のサーモスタットの役目を果たしてくれ、寒い季節には暖かく、オールシーズン快適に過ごすための繊維です。

毛足/テクスチャーの種類と特徴

部屋全体に敷き込めば床材として、テーブルの下やソファまわりにあしらえばインテリアの装飾材としておしゃれなうえに、床の防止や保温&防音にも役立つカーペットは効果的な取り入れ方をしたいもの。カーペットの敷き方は大きくわけて部屋全体に敷き詰める方法と部分的に敷く方法となります。

カットタイプ

毛の先端をカットしたもので、毛の長さにより分類されます。

プラッシュ

プラッシュ

【プラッシュ】

微妙な質感やソフトな踏み心地はカットパイルならでは。

毛の先端をカットして揃えたカットタイプのなかでもっとも一般的なのがこのタイプ。

毛足の表面を5~10ミリの間で均一にカットしたもので光などによる表情が美しく、耐久性などはループパイルに劣る面もありますが、カットされた断面の微妙な質感やソフトな踏み心地はカットパイルならでは。

シャギー

シャギー

【シャギー】

ゴージャスな印象があり、装飾性が高く、肌触りがよいのが特徴。

流れるような質感が特徴。毛足の長さは25ミリ以上で、太めのパイルをあまり密度をつめずに打ち込んで仕上げます。

毛足が長いのでゴージャスな印象があり、装飾性が高く、肌触りがよいのが特徴。パイルも1本1本に強いひねりを加えて毛流をさまざまにしたハードツイストもシャギーの仲間です。

ループタイプ

毛の先端が輪状になったもの。耐久性が強く掃除しやすいのが特徴。

レベルループ

レベルループ

【レベルループ】

毛足の状態がループ状になっているループタイプの中でも、同じ高さのループが打ち込まれているものをレベルループといいます。

敷物の表面が均一に揃っているので歩きやすく、弾力性や耐久性に優れ、サラリとした踏み心地も魅力的です。家族が集うリビングルームや子供部屋、動線になる廊下にも適しています。

パイルが密に打ち込まれているため、ホコリがパイルの中に入り込みにくく、表面に付いたホコリを掃除機で取り除きやすいメリットもあります。

毛足がループ状になっているので、ペットを飼っていらっしゃるご家庭ではペットの爪が引っかかりやすい欠点があります。

マルチレベルループ

マルチレベルループ

【マルチレベルループ】

毛足の高さの変化で陰影がうまれ、視覚的に変化を富んだ雰囲気がつくれます。

ループ状のパイルに高低差をつけて立体的な形状にしたもので、ハイ&ローループともいわれます。

毛足の高さの変化で陰影がうまれるだけではなく、糸の太さや色の組み合わせによってもさまざまな表情を出せるので、視覚的に変化を富んだ雰囲気がつくれます。この特徴は広いスペースでより顕著です。

その他のタイプ

カットとループの組み合わせや、平織りに見える仕上げも。

カット&ループ

カット&ループ

【カット&ループ】

毛足の先端をカットしたカットパイルとループパイルを組み合わせたものをカット&ループといいます。

単色でも毛足の形状の違いにより地模様が浮き上がり、敷物の表情が豊かになります。カットパイルとループパイルで高低差をつけたものは、光りが当たった時に陰影がうまれ、より一層ゴージャスな雰囲気を醸し出しますので、リビングルームなどに適しています。

フラット

フラット

【フラット】

水で洗えて掃除も簡単。難燃性にすぐれ比較的安価。

平織りやフェルト調など表面に毛足のないタイプの総称。

代表的なものに、糸にならない短い繊維を針(ニードル)で突き刺したり圧着するなどでフェルト状にした、ニードルパンチカーペットがあります。
毛足がないため毛玉ができにくく水で洗えて掃除も簡単。難燃性にすぐれ比較的安価です。

パイル長

敷物の表面の毛足(パイル)の長さのことをいいます。パイルが長い方が踏み心地が柔らかく見た目もゴージャスになりますので、リビングルームやベッドルームに適しています。

しかし、パイルが長いと沈み込みが大きく歩きにくくなり、イスなどの家具も動かしにくくなります。イスを動かすダイニングルームや子供部屋、動線になる廊下などには短いパイルをおすすめします。

ヒートセット糸

撚り(より)糸に熱処理を加えることで、撚りが戻りにくくする加工を施した糸です。

ヒートセット加工を行うと弾力性が高まり、伸びや縮みなどの型くずれを防止することができます。ヒートセット加工が施されたポリプロピレンは、ウールのような柔らかな肌触りになり、肌触りが硬いというポリプロピレンの欠点をカバーできます。

このメリットを活かしてヒートセット加工を施したポリプロピレンは、ウィルトン織りのカーペットなどにも使用されています。

ハードツイスト糸

強い撚りがかけられている糸で、弾力性と耐久性に優れています。遊び毛の発生を抑える効果もあり、汚れ落ちも良いのでお手入れが簡単です。

ノット/m²

ノットはパイルの密度を表します。ノット数が大きいほど密度が高く、パイルが倒れにくいので弾力性があり、しっかりした踏み心地になります。

ノット数が大きい敷物は、パイルの中にホコリが入り込みにくく、重量感があるので掃除機をかけた時に持ち上がりにくくなるというお手入れのしやすさでもメリットがあります。密度が高いほどウィルトン織りのような繊細なデザインも可能になります。

SHOP SELECTIONショップ セレクション

最近チェックした商品VIEWED ITEM
続けて画像を確認できます