サイズの選び方

カーペット・絨毯に関するサイズの選び方

その部屋での過ごし方によって絨毯やカーペットの使い方を工夫すると、より居心地よい部屋になります。お部屋の広さや、デザインで選ぶのももちろん重要ですが、選ぶときにライフスタイルをちょっとだけイメージして考えてみてください。

一般的に大きい敷物や部屋全体に敷き詰めるタイプをカーペット(絨毯)、小さい敷物(1畳~2畳程度)をラグと呼びます。本間、京間、江戸間など地域によって部屋の大きさが異なります。

畳サイズ一覧表

一般的に大きい敷物や部屋全体に敷き詰めるタイプをカーペット(絨毯)、小さい敷物(1畳~2畳程度)をラグと呼びます。本間、京間、江戸間など地域によって部屋の大きさが異なります。

続けて画像を確認できます
長さ本間京間江戸間団地間五八間
1畳 サイズ(cm)98×19191×18288×17685×17088×176
2畳 サイズ(cm)191×191182×182176×176170×170176×176
3畳 サイズ(cm)191×286182×273176×261170×255176×264
4.5畳 サイズ(cm)286×286273×273261×261255×255264×264
6畳 サイズ(cm)286×382273×364261×352255×340264×352
8畳 サイズ(cm)382×382364×364352×352340×340352×352
10畳 サイズ(cm)382×477364×455352×440340×425352×440

地域によって同じ6畳サイズでも大きさが違うこともあります。そんなときは、お部屋のサイズに合わせてカーペットを作ってみませんか?
ラグサイズや変形もおつくりできるのがイージーオーダーです。

サイズオーダーカーペットはこちら

ラグの基本サイズとお部屋の広さ

一方ラグはお部屋全体ではなく、6畳以下の部屋で使う場合に最適です。ダイニングテーブルや応接セットの下、ソファやベッドサイドの足元にアクセント的に置きます。

お部屋の広さ4.5畳間
(264×264cm)
6畳間
(264×352cm)
8畳間
(352×352cm)
10畳間
(352×440cm)
配置するラグの大きさ130×190185×185185×240200×290

様々なサイズのラグもご用意しております!

ルーム別にサイズを選ぶ

ダイニングルーム

ダイニングとカーペットの組み合わせ

ダイニングには少し大きめのサイズを敷くことをオススメします。
ダイニングチェアを引く時の音や、スプーンなど床に落下した際の生活音を和らげる防音効果だけでなく、冬場の足元の冷え防止対策になります。素材はポリプロピレン製が撥水性、耐久性に優れた素材でオススメです。

ダイニングパーソナルテーブル

約130cm×190cm:1人用

パーソナルテーブル
ダイニングテーブル:2~3人用

2~3人用テーブルに最適なサイズ(約170cm×220cm)

2~3人用テーブルに最適なサイズ
ダイニングテーブル:4~6人用

4~6人用テーブルに最適なサイズ(約220cm×250cm)

4~6人用テーブルに最適なサイズ

ベッドルーム

ベッドルームとカーペットの組み合わせ

朝、起きたときの足もとの「ヒヤッ」と感のヒートショックを軽減、ホコリの舞い上がりを防ぐ効果があります。リラックス効果のブルー系色や柄を選んで、精神をクールダウンできるベッドルームを作りましょう。

適切なサイズ

ベッドルームに最適なサイズ(約110cm×140cm程度)

ベッドルームに最適なサイズ
最適な正円タイプ

ベッドルームに最適な正円タイプ(約100cm×100cm:正円)

ベッドルームに最適な正円タイプ
その他のサイズ

お部屋の形状や環境に合わせたサイズを選びましょう。

その他のサイズ

子供部屋やプライベートルームのお部屋

子供部屋やプライベートルームのお部屋

装飾的な効果だけではなく、物を下に落とした時の床の損傷や階下への騒音を軽減する目的もあります。キッチンマットサイズや小さめのラグ(100cm×140cm・円形タイプ)でも効果的です。

子供部屋に最適なサイズ

子供部屋に最適なサイズ(約100cm×140cm程度)
大きさよりも機能性を考慮して、メンテナンス性を重視。

子供部屋や個人のお部屋に最適なサイズ
子供部屋に最適な正円タイプ

ベッドルームに最適な正円タイプ(約100cm×100cm:正円)
丸型はやっぱり可愛い柄やデザインがお部屋に映えます。

子供部屋や個人のお部屋に最適な正円タイプ
子供部屋や個人のお部屋に最適なその他のサイズ

お子様の人数や年齢にもよりますが、基本的には汚れ防止機を重視して選んでください。

子供部屋や個人のお部屋に最適なその他のサイズ

ワンポイント!!立ったり座ったりの動作に必要な空間を確保

カーペットを敷くときの家具の配置は、まず開口部の位置を確認しましょう。ドアを開けた時に家具にぶつからないか、家具やソファーが窓からの採光や通風の妨げにならなかをチェック。掃出し窓の前には家具を置かないのが基本です。

ソファーは、カラダと接触する面積が広いため、体格に合っていないと疲れることになります。売り場では、ダイニングチェアを選ぶときと同様、靴を脱いで座ってみるのも。カーペットを敷く前の家具やソファーの配置についての基本情報で、失敗しないインテリアと、明るく楽しい空間を楽しんでください。

カーペットの敷き方でインテリアが変わる

部屋全体に敷き込めば床材として、テーブルの下やソファまわりにあしらえばインテリアの装飾材としておしゃれなうえに、床の防止や保温&防音にも役立つカーペットは効果的な取り入れ方をしたいもの。カーペットの敷き方は大きくわけて部屋全体に敷き詰める方法と部分的に敷く方法となります。

敷きこみ例

敷きこみ

カーペットの敷き込みは、インテリア的にもすっきりした印象に。

敷き込みは床全体にカーペットを敷くもので、床にいきなり接着剤で張り付けるべた張りと、8ミリ程度のフェルトを敷いた上から張るフェルトグリッパー工法とがあり、一般的なの後者です。
手間と費用がかかるぶん踏み心地がよく防音や断熱性も優れていて、インテリア的にもすっきりした印象で広がり感があり、掃除や家具の移動がしやすいのが特徴。
クッション性もよいのでお年寄りや小さな子供、ペットのいる家族に向いています。

敷きつめ例

敷きつめ

カーペットを部屋全体に敷きつめる場合は上記の「敷き込み」がベター。

部屋全体に敷くもので、既製品は規格サイズがあるので敷く場合にうまく合えばラッキーですが、部屋は多くの場合多少いびつなので、どこかに隙間ができがちです。
家具などで隠せればいいのですが、縁の脇から床材が見えているのがインテリア的にもあまりきれいではないので、全体に敷きつめる場合は上記の敷き込みがベター。

センター敷き例

センター敷き

カーペットのセンター敷きは、高級床材を覆い隠さず見せるためのスタイル。

置き敷きのなかでも、床材も少しは見せるように壁から30~50センチ程度あけて敷く方法。
もともとは大理石や寄木などの高級床材を覆い隠さず見せるためのスタイルで、和室にも使われます。広範囲にわたって床と重なるため床材との相性も考慮する必要があり、フローリングなどのフラットな床に好相性。

ピース敷き例

ピース敷き

カーペットのピース敷きは、形も角型だけではなくサークル型や動物モチーフなどさまざま。

応接セットやソファの下、ベッドサイドなどに部分的に敷く方法で、インテリアのアクセント的要素が強く、形も角型だけではなくサークル型や動物モチーフなどさまざま。
オープンなスペースを視覚的にエリア区分するのに効果的で、季節や気分によってチェンジして雰囲気の変化を楽しめます。ラグはこのピース敷きカーペットのこと。

まとめ:目的使用する場所によってカーペットのサイズを選ぶ

カーペットのサイズ選びでも使用するも目的や場所によって様々です。
例えばダイニングでは、インテリアの視覚的要素より機能性が重視されることがあります。
2~3人用のダイニングテーブルの下に汚れを防止するために敷く場合は、170cm×220cm、4~6人用ですと220cm×250cmサイズのラグやカーペッがインテリアを損なわず、最低限の汚れも防止できます。

和室の定番である畳。この畳の摩耗を防ぐためにカーペットを敷く場合もあります。
この場合は畳の大きさに合わせてお部屋全体をカーペットを敷き詰めるほうが見た目も美しく、畳の損傷も最小限に抑えることができます。

夏はカーペットを保管して、清涼感を感じるい草の香りを楽しみましょう。
冬場は、ホットカーペットのカバーにも使用できます。もちろん暖色系のベージュやブラウンカラーを選びましょう。

寝室やベッドルームは、頻繁に出入りすることも少ないはずなので、ヘッドに入る足元だけでも十分です。
100cm程度の円形タイプやマットサイズでも。もちろんぐっすり眠るためのお部屋なので選ぶカーペットのカラーも大切。

おすすめするお色は、グリーンなどの優しいカラー。緑は生命を象徴する色であり、健康を表し、心に安らぎと落ち着きを与えます。
人に最も大切な色なので、疲れているときや睡眠不足のときはインテリアに緑色のカーペットを取り入れると癒しの効果があります。かわいい柄物でもよいですが基本はシャギーなどの無地がベスト。