ラグ・マットの掃除とお手入れ方法

簡単にできるラグとカーペット、絨毯のお掃除とお手入れ方法をご紹介しております。

  • 1176
  • 8161

ラグ・カーペットのメンテナンスとお手入れ方法

当サイトで購入されたじゅうたん、ラグやカーペット商品のメンテナンス方法やお手入れの方法をご用意しております。お手入れといっても掃除機の使い方、汚れの種類と取り方、保管方法に様々。

こちらではそうしたカーペットの持つ、性能や上手な付き合い方についてご案内いたします。

掃除機をかける拭き掃除をする汚れの種類と取り方汚れや抜け毛対策基本的な保管方法

掃除機をかける

カーペットのお手入れの基本は、掃除機をかけること。手足の中に入り込んだホコリや小さなゴミ、さらにダニまで取り除くのに最適な方法です。掃除機の効果をもっとアップさせるために、効率的なかけ方をご紹介しましょう。

少ない場合でも週に週に1~2回

掃除機をかける
 

使用頻度の高い部屋は毎日、少ない場合でも週に週に1~2回は電気掃除機がけが必要です。せめて1週間2回は掃除機を丁寧にかけましょう。汚れなどを点検しながら毛並みにそって電気掃除機でホコリを吸い取ります。

 

逆目にかける

逆目にかける
 

掃除機はパイルの毛並みを起こす方向にかけると、効果があります。気を起こし、手足の根元の空気の通りをよくして、ゴミを吸い取ります。上から押されつけると、かえってゴミが取れません。

 

1平方メートルあたり20秒

1平方メートルあたり20秒
 

ダニ対策として、1平方メートルにつき15~25秒を敷き物の繊維の方向にかけましょう。これで、ダニやその死骸・排出物、ダニのエサなどがかなり吸い取られます。 とくに人がよく歩いたり、座ったり、物を食べたりするところにホコリや角質がたまり、ダニが集まりやすくなります。ホコリがたまりやすいく、風通しの悪い、湿気の多いところを意識して、掃除機をかけて下さい。

 

湿気をためないのが基本

カーペットを長持ちさせるには、まず絨毯を敷いている部屋全体の風通しを良くすることが重要です。天気の良い日は窓をあけてできるだお部屋に新鮮な風を通しましょう。ラグは裏返したり下に椅子を入れて持ち上げたりして裏側にも風を通すのがコツ。 乾燥していれば、ダニも増えにくくなりますので、できるだけカーペットやラグを乾燥させてから掃除機をかけてください。乾燥させた状態でお手入れをするとメリットも多く、ホコリも取れやすく、製品の痛みも最小限ですみます。

このページのトップへ

拭き掃除をする

カーペット全体が薄汚れているようなら、拭き掃除がおすすめです。月に1回くらいの拭き掃除で、よりきれいに保つことができます。

拭き掃除の手順

拭き掃除をする
 

固く絞ったぞうきんで水拭きします。落ちないようなら、洗剤を溶かして使います。一通り拭けたら、お湯で固くしぼったぞうきんで、洗剤が取れるまで拭きあげます。最後に乾いた布で、から拭きします。

 

逆目にかける

逆目にかける-拭き掃除
 

まずカーペットの毛並みに沿って、次は毛並みに逆らってと、いろんな方向へ力を入れて拭きます。ぞうきんはきれいな面を使うようにし、こまめにすすぎましょう。取れにくいホコリを掃除機で上から押さえつけて吸おうとしたり、ドンドンと叩いている方がいらっしゃいます。かえって取れにくくなるばかりか、カーペットを傷めてしまいます。優しく、パイルの毛を起こすようにしながら逆目にかけると、中のホコリが吸い出しやすくなります。

 

1平方メートルあたり20秒

1平方メートルあたり20秒-拭き掃除
 

一般に、住居用や洗濯用の中性洗剤を使います。ウール100%のカーペットなら、風合いを保つためにウール用の洗剤を使いましょう。洗剤が残らないよう、しっかりと拭き取るようにしてください。界面活性剤の入っていないものや、水性または植物性のものなら洗剤残りをおさえられます。

 

液体をこぼしたら、吸い取るように叩く

時間が経つと取れにくくなってしまうため、素早く処置することが大切です。擦るとかえって汚れが広がってしまいますので、ティッシュペーパーや乾いたタオルを当ててトントンと、 上からたたいて汚れを移しとるようにするのがコツです。水性シミは水を少量加えながら、油シミの場合はベンジンや透明の除光液などを加えると汚れが取れやすくなります。

このページのトップへ

ほつれ・焼け焦げをなおす

カーペットのほつれや家具を置いた跡のへこみ、タバコの焼け焦げは気になるものです。日頃からこまめにチェックし補修しましょう。

ほつれをなおす

ほつれ・焼け焦げをなおす
 

毛足がほつれているのを見つけたら、決して引っ張らないこと。ほつれた毛足を回りと同じ高さにハサミで切ります。

 

焼け焦げをなおす

焼け焦げをなおす
 

タバコの焼け焦げは、ウール(バックストン)なら歯ブラシで焦げた部分を落とし、掃除機をかけておけば大丈夫。しかし、合成繊維のものは熱で溶けているのでその部分をまずハサミで切り取ります。次に、部屋のすみや家具の下など目立たない部分の毛も、ハサミで切り取ります。焦げ目の部分に木工用ボンドをつけ、切り取った毛を埋め込んでいきます。木工用ボンドは乾くと透明になります。

このページのトップへ

汚れの種類と取り方

クレヨン・靴ズミ ベンジンを歯ブラシにつけ、汚れたところをたたくようにして取り除き、ぬるま湯で拭きあげます。
キャンディー・
チョコレート
布かティッシュペーパーで拭き取り、乾いてからブラッシングし、剤が残らないように、固く絞った綺麗な布でもう一度拭きます。または、ホウ砂粉末をまき、20分ほど冷水に浸した布で拭き取ります。これが乾いたら電気掃除機で吸い取ります。
ガム まるめながらつまみとり、シンナー等で拭き取ります。取れないときは、ドライアイスで冷やし。固まったものを粉にして取り除きます。
食用油 すぐにヘラかナイフで油を削り取り、布にベンジンをつけてつまむようにして取ります。そのあと中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭きあげます。洗剤をつけてたたくようにして拭き取ります。
醤油・ソース 布かティッシュペーパーでできるだけ吸い取り、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭きます。洗剤が残らないように、固く絞った綺麗な布でもう一度拭きます。
コーヒー・紅茶 水で絞った布か、スポンジなどで吸い取ります。そのあとぬるま湯を汚れの上に注いで、布またはティッシュペーパーで拭き取り、乾いた布で拭きあげます。
ビール・酒類 水で絞った布か、スポンジなどで吸い取ります。剤が残らないように、固く絞った綺麗な布でもう一度拭きます。
牛乳 布かティッシュペーパーで吸い取り、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭き取ります。剤が残らないように、固く絞った綺麗な布でもう一度拭きます。牛乳に熱湯は禁物ですから注意してください。
口紅 ベンジンかアルコールでこすりとり、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭きあげます。そのあと中性洗剤を溶かしたぬるま湯で拭きあげます。洗剤をつけてたたくようにして拭き取ります。

このページのトップへ

汚れや抜け毛対策

ひどい汚れがついてしまったら?

汚れの種類によって対処方法は変わりますが、まずは汚れを広げないことです。あわてて水をつけたティッシュでゴシゴシこすってしまうと、かえって汚れは広がってしまいます。 カーペットを傷めないように、周辺から汚れの中心に向かって拭くことが大切です。

 

洗剤やベンジンは使っても良い?

油汚れには頼りになる、洗剤やベンジン。カーペットを傷めそうだけど使ってもいいの? 洗剤やベンジンは、上手に使って油汚れを落としてください。きちんと薄めて、少量使うことが大切。色落ちが心配な場合には、家具の裏などの目立たない場所で確認してから使いましょう。 洗剤は必ず中性洗剤を作ってください。汚れに対してたたくようにして拭き取ります。

 

泥汚れはどうしよう?

元気なお子さんが出入りすると、どうしても家に上がってしまうのが泥汚れ。こすっちゃダメ!まずひどいところをていねいに取り除きましょう。 それからドライヤーでよく乾かします。泥は土ですから、乾いてしまえば取れやすくなるもの。古歯ブラシなどで軽く叩いてほぐしたら、掃除機でらくらく吸い込めますよ!

 

カーペットの抜け毛対策とは?

多くの人が心配しますが、実はカーペットから毛が抜けることは実際ほとんどないのです。抜けたように見えるのは「遊び毛」といって、製造工程の残りだったり、パイルが削れてできたもの。買った当初は見かけますが、何度かお掃除すればほとんどなくなります。 カーペットの毛ぼこりは、抜け毛ではなく、ホコリの集まったものです。まめにお掃除をして、ホコリがあまりたまらないようにしたいものですね。ナイロン素材のものは遊び毛がほとんど出ません。

基本的な保管方法

シーズンに合わせて敷き替えるときなど、正しい取り扱い方で、次に使用するまでよい状態に保っておきます。

  • 保管する前には、汚れの拭き取り・日陰干し、ホコリの叩き出し・掃除機がけをしておきます。
  • 保管中の形くずれを防ぐため、巻き芯え用います。
  • しまい方は、パイルの毛並みが寝ている方を手前にして巻き上げます。
  • 保管は湿気のない場所に横置きします。形くずれのもとになる立てかけや、横にした上に重いものを置かないようにします。
 

ダニを発生させないためには・・・

ダニは畳や毛布などあらゆる場所にいますが、条件さえ断てば繁殖は防げます。その為には、
■ 1週間に2回以上の掃除をすること。特に夏場、大掃除をするのも良いでしょう。
■ 風通しをよくする。窓を開けて乾燥させることが大切です。湿度が45%以下の場合、ダニはほとんど死滅します。
■ 掃除機は、できるだけ能力の大きいものを使用し、人のよく通る場所は、念入りに掃除します。

 
  • カーペット・ラグを使った目的別シリーズ特集!
このページのトップへ戻る