選ぶ・楽しむ

子供部屋インテリアと成長に合わせたラグ・マットの選び方

子供部屋は、お子様たちが勝手なことをする部屋ではなく、子供自身で管理できるような部屋づくりが大切です。

すぐにキッズタイプのラグマットを見る

このページでは、子供部屋のコーディネートのポイント&ラグとラグ・マットの成長に合わせた配色もプラスしてご紹介。

子供部屋インテリアのポイント

ただ「可愛い」や「喜ぶ」だけではなく、子供の感性をいかしたお部屋作りが大切です。

子供部屋は、「閉じ込める部屋」にならないように

個室というと、つい広さのことばかり考えがちですが、幼児期はたとえ個室が与えられていても両親のそばに居たがるので、主寝室やリビングの一部にベッドを置くだけでもOK。

小学校高学年頃になると、個室を欲しがるようになるものです。誰にも見られずに子供が玄関と子供部屋の間を行き来できるようだと家族から孤立する恐れもあります。

リビングから出入りするなどの間取りにすれば家族のコミュニケーションがとりやすく、出入りの様子によって子供の状態もつかみやすく会話の回数も増えることも。

そのような間取りがむずかしい場合は、外から部屋の気配を察知できるように、扉にガラスをいれる、間仕切り壁に窓をつくるなどでかなり効果が。密室にしない工夫をすることは、室内の明るさの確保や通風の面でも有効です。

成長を助けるインテリアを考えて

幼児から社会人として出ていくまで、部屋のあり方が著しく変わるのが子供部屋。また、情緒を育てる場、勉強の場でもあるので、それにふさわしい環境づくりが大切です。

独立心を育てるために洋服ダンスや本棚、机などをセットし、自分で管理させます。高さが調節できるタイプなど長く使えるものを選択して、ものを大切にする習慣をつけましょう。

また子供の持ちものは成長とともにどんどん増え、内容も大きく変化していきます。引き出しや棚をこまかくつくり込んだ収納スペースより、ざっくりとした区分のほうが、変化に対応できます。

洋服を掛けるハンガーパイプも上下に動かせるようにしておくとさらに便利です。年齢によって買いたせ、不要になっても違う部屋で使えるシステム収納などがベターです。

子供部屋ラグ&カーペット

子供部屋のラグやマットを選ぼう!

ここからは、お子様のお部屋にはどのようなファブリック類(ここではラグマットをご紹介)を選べばよいのかをご紹介。

幼児期は出来るだけカラフルに

子供が色を最初に識別するのは赤、緑。そして黄、青の順で幼児期は淡い色よりもはっきりとした色に反応をしめす傾向があります。

この時期に多くの色に接すると脳が活性化され、感受性豊かに育つといわれており、子供部屋は明快な色で楽しいコーディネートをしましょう。

目線の高さに赤や青のボーダーをまわすと。識別しやすい色に触れようとすることで、身体的な成長を促す効果も。

ポイント程度に使う元気なカラー

赤などのはっきりした色は子供にとって認識しやすい色。濃い赤には興奮作用があるので元気のない子供の部屋向きで、ポイント程度に使うのが無難。

子供の好む色やカラフルな模様

個室を持つ年齢になったらラグにも子供の好む色やカラフルな模様を取り入れて。楽しい雰囲気の演出は子供部屋作りのポイントです。

ブルーのラグマットで、勉強に集中できるように

落ち着いて勉強してほしい子供の部屋には、カーテンや壁紙などに鎮静作用のある青を使うのがベター。

青は時間の長さをゆっくりと感じさせる色でもあるので、長時間机に向かっていてもイライラすることが少なく、集中して勉強が出来ます。

鎮静作用の中には誘眠効果もありますが、エネルギーにあふれた子供にとってはちょうどいいカラー。ソフトなブルーを使えば女の子の部屋でも違和感のないコーディネートができます。

ブルーは、集中力を高めてくれます

時間の経過を短く感じさせ、集中力を高める青は勉強部屋にグッドな色。淡いトーンのブルーなら男女を問わずに使えます。

女の子らしさにはピンク

これらの色は使う量が多いと落ち着きませんが、深みのある赤を選ぶなどトーンや分量に注意してコーディネートすれば、適度な刺激と緊張感が得られます。

ピンクは女性ホルモンの分泌を促進させる色なので、攻撃性が抑えられて穏やかな気持ちになり、女の子らしく育つとされています。

RELATED POST