選ぶ・楽しむ

リビングインテリアとラグ・カーペットの選び方

リビングや居間は、家族が集まりともに過ごす中心的な場です。だからこそ誰もがくつろげる空間作りを重視しつつ、さまざまなシーンに対応できるフレキシブルなインテリアにしたいものです。

このページでは、リビングのコーディネートのポイント&ラグとカーペットのカラーコディネートもプラスしてご紹介。

リビングは、家族も来客もくつろげることが大切

家族が集いくつろぐ場所であると同時に、来客を迎えるスペースでもあるリビングは、住まいの核ともいえる中心的な空間です。

家族とのだんらんを中心に、テレビやラジオ、音楽、読書、家事、接客、趣味、そして小さな子供がいる家庭では育児室も兼ねるなど、多種多様に使われます。

このようなさまざまな目的に対応できる機能が求められるスペースだけに、家族のライフスタイルやインテリアの嗜好が反映されやすく、リビングを見れば住み手の人のライフスタイルがわかるともいわれています。

くつろぎを尊重するためにはあまりものを置きたくないので、ここで行われる多様な行為に応じて、家具や機器類、小物などさまざまなものがリビングにはもち込まれます。

毎日の生活には必要でも見える場所には置きたくないそれらのものをうまく隠して、広くゆったりと見せる工夫がも必要です。

収納を充実させる、適度な仕切りをして都合の悪い部分を隠す、ソファの向きを変えて不都合なものが見えない配置にする、観葉植物で視線をほどよくさえぎるなどで、くつろぎ感をアップさせましょう。

美しいリビングには邪魔なテレビは隠す

テレビはリビングには不可欠なものですが、インテリアのムードを壊す場合も。壁面に造り付けた収納に入れてくつろぎ感をキープ。

家族が集まりやすいスペースに

リビングは、家族が思い思いにくつろぐ時間がいちばん長くありたい場です。

みんながしぜんに集まれるような雰囲気をつくることが大切で、住まいのどこをリビングにするかがまず問題になります。

たとえば外出や帰宅時、あるいは個室への出入りなどの際に、家族がそれぞれどこで何をしているのかがさりげなく伝わってくるような配置なら、家族同士の接点がしぜんにうまれ、集まりやすく、だんらんにも適したリビングになるでしょう。

また、スムーズなコミュニケーションの為には居心地のよさが決め手に。とにかく広いスペースをと望む声も多いのですが、現代の住環境を考えるとむずかしいものがあります。単に面積の問題にするのではなく、開放感をもたせることが大切です。

リビングを壁で囲まれたひとつの部屋にせず、ダイニングや他の部屋との接点のあるスペースにすることを考えたいもの。

個室以外のほかの部屋との間を完全な壁ではなく、部分的な仕切りや背の低い家具にしたり、廊下や階段、玄関なども取り込むなどで広々感をつくるのも方法。

天井を吹き抜けにしたり壁の上部にハイサイドウィンドウを設けるなどで、実際の面積以上の広さ感が出せます。窓を大きくするのも心地よいリビングづくりの方法のひとつです。

くつろげておしゃれなリビングの必需アイテム

かつてはリビングの主役として、なくてはならないものだったソファとテーブルの応接セットは、生活習慣の多様化により必須ではなくなってきました。

最近では広い床に直接座ってくつろぐローリビングや、好きなデザインのイスを個別に集めてオリジナルなリビングセットをつくる家庭も増えています。

そんなリビングのインテリアを考えるとき、十分に準備しておきたいのがテレビまわりの機器。いまや各家庭のテレビの保有台数は平均2台を越え、大型化の影響も受けてテレビの位置をめぐるトラブルは、どこの家庭にもある問題に。

家族とライフスタイルの数だけその場所も必要ともいえるので、テレビはここと限定せず自由に移動させられるように、新築やリフォーム時にコンセントやTVアウトレットを多めに設備しておきたいもの。

また、天井からの1灯の照明では豊かなくつろぎはうまれません。ソファの脇にコンソールの上に、絵を照らすスポットもというように、多くのあかりを使うほど光のミックスによる魅力的なリビングになるので、コンセントも各所に。

数だけ多くても家具を置いたら隠れてしまったということがないように、場所と位置には十分な配慮を。

リビング向けの家具やソファ、ラグやファブリック類を探すのであれば、以下のようなサイトがおすすめです。

リビングラグ&カーペットの販売ページはコチラ

ラグ・カーペットを生かしたカラーコーディネートのコツ

来客も利用するリビングに設置するラグやカーペットに使うカラーとコーディネート方法についてご紹介していきます。

●設置するラグは多くの人に好印象の同系色&類似色でまとめる

●団らんのムードには暖色、またはナチュラル色のラグマットを

●フォーマルな要素を強めたいのなら黒系のカーペットをプラス

リビングは、家族から来客まで多くの人が利用するスペースなので、ラグの設置する場所やカーペットの配色は誰からも好まれる色使いを心がけてください。

グレーとホワイト系のラグ

内装の色と家具の色揃に同色系のラグマットで揃え、室内全体をグレーとベージュ、ホワイト系で、まとめた空間。大勢が使うスペースは出来るだけすっきりとした色使いにするのがポイント。

参照:遊び毛無し・北欧風シャギーラグ「MOSCO/モスコ」

青と白の組み合わせのラグ

青のラグマットと白の組み合わせによるさわやかなリビング。寒色の青でもソフトなトーンなら冷たい印象にはなりません。

参照:洗える・円形シャギー パステルカラー BEAT/ビート

団らんのムードには暖色、またはナチュラル色のラグを

ラグやカーペットを使って、同系色や類似色でまとめる場合でもメインカラーによって雰囲気は異なってきます。

家族や仲間とゆったりとくつろげる明るいリビングにしたいのなら、カーテンやソファの張り地など広い面積には暖色を使いましょう。

赤、オレンジ、黄色などの暖色を使ったラグマットは文字通りぬくもり感をはじめ、親しみやすさや楽しさなどを連想させる色。クールな印象を与える寒色に比べて、和やかなムードを作るのに適しています。

しかし、広い面積に使う場合は彩度の高い色はNG。刺激が強すぎて落ち着かない雰囲気に。団らんのムードにぴったりのカーペットは、茶色、ベージュ、グリーンなどの色です。

赤のラグと類似色のコーディネート例

ソファやラグの赤を軸にした類似色のコーディネート。家具の木部を赤みがかった茶色に、壁を白にしているのもすっきり感の秘訣。

ワンポイント

●ベージュや茶色などのナチュラルな色の組み合わせは穏やかなムードになります。

●ぬくもり感と統一感を演出する場合は、赤、オレンジ、黄色と暖色系の類似色でまとめます。

フォーマルな要素を強めたいなら黒系のカーペットをプラス

ファミリールームというよりは、応接室的なフォーマルな雰囲気のリビングにしたい場合は強い色をアクセントカラーのカーペットを加えましょう。

統一感の中にめりはりをつけることで印象を変えるテクニックで、もっとも効果的なのが黒系のカーペットやラグマット、カーテンを使うことです。

茶色がベースカラーなら黒を間に入れることで落ち着きの中に重量感や高級感が演出でき、フォーマルなムードになります。ただ黒を使う場合は分量に注意が必要です。

重量感のある黒系のラグとインテリア

多すぎると重苦しくなり、くつろぎからは程遠いリビングになりかねません。黒いフレームのアートや黒いクッションを使う、部分的に黒がデザインされたラグを敷くなど控えめにしましょう。重量感のある黒系のラグとインテリア

落ち着き感のある茶色と重量感のある黒の組み合わせはフォーマルな雰囲気づくりの王道。クッションや額など、小物を黒にするとシックに。

ワンポイント

黒いレザーのソファはそれだけでフォーマルな印象を与えるアイテム。大きな家具を黒にする場合はまわりの色を控えてシンプルに。

明るい雰囲気を残しつつほどよい緊張感を持たせるには黒をシャープに使うのがコツ。家具の脚やカーテンレールなどを黒にすると効果的。

RELATED POST