初めてのラグを買う時の選び方ガイド!

ここでは、綺麗にコーディネートするために、ラグの上手な選び方や使い分けをご紹介していきます。

おしゃれなカーペット・ラグのインテリア通販/カーペットマート

  • 1025
  • 8151

ラグを真剣に選ぶ人のために選び方ガイド!

ラグの上手な選び方と使い分けガイド!

自分のお部屋に新たにラグ等の敷物を取り入れたいと考えている方もたくさんおられると思います。部屋の広さや雰囲気、敷けるスペースなどを考慮して最適なものを選択すれば快適で、美しく綺麗にコーディネートすることができます。ここでは、「ラグを通販で購入する前に知っておきたい、ラグの上手な使い分けや選び方をご紹介していきます。

よく読まれている記事で「カーペット・ラグ・マットの選び方&買い方」もご参照ください。

カーペットとラグの違いと上手な使い分けとは

カーペットとラグの上手な使い分け

カーペットとラグの明確な分類というのはありません。ただ、一般的に小さい敷物をラグ、大きい敷物をカーペット(絨毯)と呼ぶケースが多くなっています。だいたい1畳~2畳程度までのものをラグと呼んでいるケースが多くなっています。ここでは、部屋に応じたラグとカーペットの使い分けについてご紹介していきます。

リビングに向いているのはラグとカーペットのどっち?

リビングに向いているのはラグ

部屋の大きさや家具の配置などにもよりますが、一般的にはラグを使用するケースが多くなっています。大体の目安として6畳の部屋では、185cm×185cmのラグ、8畳の部屋では185cm×240cmのラグ、10畳の部屋では200cm×290cmの大きさが目安として使われているケースが多くなっています。

もちろんこの大きさでは部屋全体を覆うというわけではありませんので、好みによってサイズをここから前後させるのが良いでしょう。これらはあくまでも目安であり、明確な定義がないため、6畳や8畳の部屋でもラグサイズを敷いて部屋のアクセントにしたりするなど、お好みでラグの配置を決めてください。笑顔の絶えないリビングルームに最適なラグやカーペットもご覧ください!

6畳以下の部屋で使う場合はラグが最適

ラグのレイアウト

部屋の一部分だけ敷物があれば良いと考えている場合はカーペットではなく、ラグの方が手軽に使用できて便利かもしれませんね。ラグはだいたい1畳から2畳程度ぐらいの大きさのものが主流となっていて、ベッドとテレビの間にちょっと敷ければ十分と考えている方には、ラグの方が向いていると言えそうです。

ラグの場合は円形のものなども存在し、見た目に華が出るというメリットもあります。家具の傷防止で使用するというよりも、座るスペースで使用することが多いのがラグの特徴といえるのではないでしょうか。ラグは100cm×100cm、100cm×140cmなど細かいサイズの分類も豊富にあるので、お好みのものを見つけ出すことができるでしょう。

ラグは小さなスペースでも華やかさを与えてくれる

お部屋を彩るラグコレクション

自分のお部屋に新たにラグ等の敷物を取り入れたいと考えている方もたくさんおられると思います。部屋の広さや雰囲気、敷けるスペースなどを考慮して最適なものを選択すれば快適で、美しく綺麗にコーディネートすることができます。ここでは、ラグの上手な使い分けや選び方をご紹介していきます。

ラグを取り入れ、色彩アップ!

ラグのメリットは、何と言っても小スペースでも使用できるということ。また、カーペットや絨毯のように平坦で変化のない印象を与えるものよりも、凹凸や色の変化を楽しむことができ、むしろ部屋をコーディネートする上で、ラグのほう方がオシャレな印象を与えてくれます。床の空間全てを絨毯で覆うよりも、部分的にラグを取り入れたほうが床のフローリングとマッチして、色彩豊かな部屋を演出することができるでしょう。

カラーによって部屋の雰囲気を演出!

可愛い子供向けラグマット!

参照元:可愛い子供向けラグマット CANDY/キャンディー!

例えば、子供がいる家庭ではクールな黒や茶色、グレーなどを選択するのではなく、カラフルな黄色や白、エメラルドグリーンなどを取り入れると、華やかで楽しげな雰囲気も出て部屋がポップな雰囲気に様変わりします。カラフルで明るい色が大好きな子供が落ち着ける環境を演出することができるでしょう。

大切なのは、型崩れと伸縮を発生させずに汚れを落とすことです。大事なのは、水洗いを数回行ってもへたらないパイルと、伸縮と型崩れを防ぐ洗濯ネットです。当店のラグは、型崩れを防止するドラム式洗濯ネットが附属しているので、洗濯機で水洗いしても伸縮と型崩れを防止してくれます。

男性の一人暮らしなどで大人っぽい雰囲気を出したい!

クールで大人の雰囲気のラグ

参照元:クールで大人の雰囲気のラグ FURTEA/ファーティー!

一方、男性の一人暮らしなどで大人っぽい雰囲気を出したいのならモダンなラグがおすすめ!フェイクファーラグのブラウンやグレーなどはクールな印象を与えてくれます。逆に爽やかさを演出したいなら、ぬくもりを感じさせてくれるシャギー素材の肌触りの良いラグがおすすめです。カラーはホワイトやベージュなど明るさをもたらしてくれるものが良いでしょう。

このようにシチュエーションによって、ラグの素材やカラーを選択するだけで部屋のイメージを一新させることができます。タイル式のラグなどもありますので、1畳や2畳程度の狭いスペースしかないという場合でも、有効活用して、ラグを敷くことができますよ。
関連するコラム記事で、「かっこいいラグやカーペットでモテるお部屋に!」も、よく読まれている記事です。

どのようなことを意識してラグを選べば良いのか

部屋の印象を決める重要なパーツといえばラグですね。ラグの選び方に失敗してしまうと、それだけでなんだか野暮ったい印象を与えてしまいがち・・・。そこでどのようなことを意識してラグを選べば良いのか、ご紹介していきましょう。

大切なのは、型崩れと伸縮を発生させずに汚れを落とすことです。大事なのは、水洗いを数回行ってもへたらないパイルと、伸縮と型崩れを防ぐ洗濯ネットです。当店のラグは、型崩れを防止するドラム式洗濯ネットが附属しているので、洗濯機で水洗いしても伸縮と型崩れを防止してくれます。

ナチュラルな印象を与えるカラーを選ぶ

ナチュラルな印象ラグ - SHAGGYMI/シャギミー

温もりあって、ナチュラルな印象を与えたいならブラウンやベージュ、ホワイトなどの落ち着いたカラーを選択すると良いでしょう。ただし、家具やカーテンなどが暗めのカラーだと重い雰囲気になってしまうので、その場合はラグにホワイトなど明るいカラーを選択するようにします。

そして床のカラーが濃い目のフローリングの場合は、明るめのラグを選択するようにしましょう。ブラウンやベージュ、ホワイトなどは精神的に落ち着きを与えてくれるカラーであり、決して派手なカラーではありませんが、毎日生活する上で安心感と安らぎを与えてくれます。

おすすめのナチュラルな印象のシャギーラグ!

家具や部屋の雰囲気に合わせて素材を選ぶ

単純にお店でラグのデザインやカラーが気に入ったからといって購入するのは間違いです。全体的な色彩や素材を意識して、他の家具との相性も考えながら購入する必要があります。

例えばソファーが麻の素材であれば、ラグには対照的なポリエステルやウールなどの素材を選ぶと差異をつけることができて、調和が取れた豊かな雰囲気になります。逆にぬくもりある雰囲気とは正反対の例として、レザーの濃い目のソファーに麻のラグだと全体的に冷たい雰囲気が漂ってしまいます。

イメージとしては、温もりある家具とラグを選びつつも、それぞれ違う素材を選択することで見た目の変化が生まれて、しかもスタイリッシュで趣のある空間を作り出すことができます。温もりある部屋にしたいのならナイロンやポリプロピレンなどのホームセンターでも流通しているようなありきたりなものではなく、 ウールやアクリルの毛足の長い素材を使用したラグのほうが、温もりを感じさせてくれる雰囲気をより一層醸し出してくれることでしょう。

上手に使い分けるには?

部屋が狭い、敷物を敷くスペースがあまり無い、テーブルや椅子などの床が傷つきやすいインテリアの下にあれば十分と考えている方はラグを選択すると良いでしょう。一方、部屋が広く、広範囲に敷きたい、部分的に敷くよりもインテリアなど全てをカバーしたいという場合は、カーペットが良いでしょう。

一般的にリビングではカーペットや絨毯、その他の部屋やダイニング、玄関、お風呂等ではラグを使うケースが多くなっています。

どんな素材のものを選べばよい?

1年を通して敷きたい、ある程度、耐久性のあるものが良いという場合はナイロンが良いでしょう。保温性を重視して肌触りの良いものを選びたいという場合はウールがおすすめです。

子供がいたり、ペットを飼っていてすぐに汚してしまう可能性があるという場合はポリプロピレンやポリエステルの素材を使った敷物を選択すると良いでしょう。ただ単に見た目だけではなく、シーズンの中でどの期間に使うのか、また耐久性、暖かさ、汚れにくさなどを比較検証して最適なもの選択してみましょう。カーペット・ラグの素材と種類もご参照ください。

アクセントとなるカラーも重要!

部屋の全体の配色ですが、ベースカラーが70%前後、アソートカラー(サブカラー)が25%前後、そしてアクセントカラーが5%程度が良いと言われています。

例えば部屋を明るく爽やかな雰囲気にしたいのなら、ラグやカーテン、電気の明るさなどをホワイト系のものでまとめてみましょう。そして、25%となるものはソファーやテーブル、インテリアなどで、ブラウンやグレーなどやや濃いめの違う色を取り入れてみましょう。

そして最後に小物類のクッションや観葉植物などをそれらとは、また違ったカラーを採用するとトータル的なバランスがとても良くなります。単純にインテリアやカーペット、ラグ、カーテンなどを単体で良いと思って購入しても、結果的にバランスが整わないというケースがよくあります。全体的な色調バランスを見ながら購入するのが良いでしょう。

ラグシリーズ商品

  • 洗濯できる洗えるラグ特集

  • 流行のキリム・ギャッベ特集

  • 滑り止め加工ラグでズレを解消!

  • 高級感の定番!シャギーラグ

  • 汎用性の高い4.5畳と6畳ラグ

  • 花粉もコーティングするアレルゲンカットラグ

 
  • カーペット・ラグを使った目的別シリーズ特集!
このページのトップへ戻る